スーパーシティについて

【スーパーシティ用語解説】オプトインとは

スーパーシティオプトインとは

スーパーシティやスマートシティでよく聞くオプトイン」という言葉について解説します。

オプトインとは

オプトインとは、データの取り扱いについて事前に許可を得ることを指します。反対にオプトアウトは、データの取り扱いについて許可を得ないことを指します。

オプトインという言葉自体はマーケティングや広告でよく使われています。

スーパーシティ構想におけるオプトインとは

スーパーシティ構想で「オプトイン」という言葉をよく聞くのは、スーパーシティ構想ではデータの取扱い対する規制緩和がなされ、個人情報の漏洩や監視社会を心配する声がよくあがるためです。

オプトインに関する各自治体の回答

鎌倉市のオプトインに関する考え方

鎌倉市では、情報提供は合意できるもののみとしています。

質問内容

スーパーシティで、果たして私たちの生活が豊かになるのか、疑問です。個人情報をまとめて掌握されるだけなのではないでしょうか?

鎌倉市回答

情報の提供・開示には、「自分のこの情報を提供してもよい。」と合意できるもののみを、目的を限定して情報提供を行う「オプトイン」とデータをとることが前提で、同意しない場合は申し出る「オプトアウト」の考え方があります。
「オプトアウト」は、日本では受け入れられにくいものと考えており、鎌倉市がスーパーシティ・スマートシティに取組むにあたっては、「オプトイン」の考え方を中心に進めていくことを考えています。「オプトイン」は、データを提供する代わりに、自分に何らかのメリットが帰ってくるという制度設計が必要となるもので、例えば、自分の健康診断のデータを提供することで将来の疾病リスクや自分にあった体質改善プログラムの提供を受けることができるといったものなどです。(省略)

出典:鎌倉市事前質疑

鎌倉市スーパーシティ
古都鎌倉市のスーパーシティ構想は成立するか鎌倉市といえば、源頼朝が幕府を立てたことで有名です。湘南や葉山など別荘地としても人気の地域です。しかし、地域は年々高齢化が進んでいます。今回スーパーシティに挑戦する鎌倉市について解説していきます。...

会津若松市のオプトインに関する考え方

会津若松市では、スーパーシティ構想の名称にオプトインを打ち出しています。

「オプトインによる共助型分散社会の実現 〜Open My Eyes〜」

会津若松市

人間中⼼の地域DXの実現に向けては、市⺠一人ひとりに丁寧に向き合う必要があり、そのためにオプトインに基づく市⺠からのデータ提供と、提供されたデータを活用したパーソナライズされたサービスの提供の徹底を⾏う。
また、オプトインによるデータ提供&パーソナライズされたサービス提供のサイクルが常態化することで、市⺠同⼠が信頼関係でつながるデジタル共助社会が実現することを中期的に目指す。

出典:スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する提案内容

まとめ

  • 住民に合意を得ることを前提としている
  • 住民自ら、データ提供してもらうには提供したくなるサービスを構築する必要がある

ABOUT ME
畠山大世
ITコンサルティングとして、基幹システム刷新のPMO、要件定義、設計に従事。システムをより深く知りたくなり、エンジニアに転向。機械学習エンジニアとして、レコメンド、スコア予測、データ分析などを経験。 その後、フリーランスとして独立し機械学習だけではなくアプリエンジニアとしてフロント、サーバ問わず開発。また、PdMやプリセールスなどビジネス面も担当。
システムのことでお困りではありませんか?
関連記事

スーパーシティメディア